FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機材セットアップ。(2018.1月版)

こないだのRe'sリハーサルで使った機材セットです。
26992345_10155177339190868_8411236678585844752_n.jpg
セット全景。
マイクはShure Beta57A。
27066887_10155177339200868_2223018762287696043_n.jpg
ブルー(Ibanez RG7-420)はレギュラーチューニング、曲により7弦だけ1音下げ。
PRS ChrisはドロップC#の曲で使用。
弦はどちらもErnieballでブルーは010-056のセット、Chrisは011-049のセットを張ってます。
メインのシールドはSommer Spirit XXL。パッチはCAJ Klotz。プラグはだいたいAmphenol。
アンプまでのケーブルはGoerge L's 225、アンプからのSENDはCAJ、ReturnはMogami 2524。
ケーブルは今の組み合わせから出る音が好きなんで、特に揃えようとは考えていない...。
揃えるとしたら全部CAJに戻っちゃうかな。どこでも安定して手に入るし。
27072482_10155177339290868_1269810878118594898_n.jpg
ギターから足元。
Digitech WH-4(ワーミー)→Jim Dunlop JC95(ワウ)→Ibanez TS9(オーバードライブ)→Strymon Lex(ロータリー)→Ernieball 6181VP Jr(ローインピーダンスボリュームペダル)でアンプへ。
アンプのSendからは、CAE/MXR MC401 Linedriver(ブースター)→MXR Smartgate(ノイズゲート)→MXR Phase100(フェイザー)→Eventide Timefactor(ディレイ)→TC electronic HALL OF FAME(リバーブ)の順で通ってアンプのReturnへ。
エフェクターの電源はVoodoo Lab Pedal Power2をメインに、WH-4とTimefactorはそれぞれ専用のアダプターを使ってます。
チューナーはKORG DT-7。VP Jrのチューナーアウトに接続。
別にバズフェイトン使ってないからコレじゃなくてもいいんだけど、壊れないし反応いいし見やすいので。
27545036_10155177339285868_5514963378001331250_n.jpg
アンプはメインがMesa/Boogie Triple Rectifier Solo head。
キャビはスタジオのMarshall 1961A改。
Marshall JCM900 2100はAlbitでレストアした時にバイアスを上げてもらってパワー管を6L6に変えてます。
レクチの2chと近い音がするマーシャル、理想形の一つにほど近い仕上がりで満足。
900の下のFender Twin Reverbはスタジオのモノで70年代中後期のタマ。
オレはオープンバックの音が好きなんで、普段はレクチのキャビとしてスピーカーだけ使ってるんだけど今回はほぼ使わず。
スピーカーケーブルはBelden 9497と8470を気分で使い分け。

この時のセットから、MXR MC401はちょっとブライト過ぎたのでXotic EP Boosterに変更予定。
あとTS9とLexの間にMXR EVH Phase90が追加される予定です。

兄さんBOSS大好きでコレクションモリモリなのに、改めて見直すとセットアップには一切組み込まれてないんですが。
MXRが優秀すぎる、というかBOSSバッファーがどうにもこうにも合わない。仕方ないね(′・ω・)
スポンサーサイト

BIAS AMP 2.0メジャーバージョンアップ。デモ版触ってみたよ。

ASCII.jpの記事でJAM UP Proに触って以来、一番信頼してるアンプシミュレーターメーカーと言っても過言ではないPositive Gridが、BIAS AMPを2.0にアップデートしたとのこと。
わぁい、Ryo兄さんPositive Grid大好き。というわけでさっそくお試し。

とりあえずデモバージョンでパッと触った雑感を。
アプリ版しかまともには触ってないから細かいところはさておいて。
BIAS AMP2 pre RF
プリ管は5種類。
資料見る限りだと12AY7と12BH7が追加されたっぽい?
ゲインステージを3以下にして12BH7を入れるとラインかってくらいのクリーンが出てくるね。
12BH7だとちょっとコンプ感ありってトコもあったんで、グラッシー寄りが欲しい時は12AY7にするとイイのかな。

BIAS AMP2 power RF
パワー管は6550とKT88が追加、と。
KT88はやっぱりマッチョ。
EL34とか6L6だと出てこないような低いトコがグッと押し出されてくるし、分厚くて強そう。
6550だとKT88よりは幾分落ち着くというか、他の楽器と混ざっても潜りすぎなくてイイかも知れない。
ゲインステージ5で色んなパーツのゲインをとにかく高くしていっても腰砕けになりにくいから、バッチリ歪ませたい場合は6550がベストなんじゃないかと。

BIAS AMP2 Mic RF
マイクは4種類。
オレのお気に入りSennheiser e906がないんですがそれは...
まぁクジラとか使えばイイですね。
位置動かすだけでもだいぶ変わるし楽しいですし。

BIAS AMP2 Cele 1
スピーカーはセレッションIRが追加、と聞いたけどデモ版じゃ使えませんでした。はーつっかえ。
BIAS AMP2 Cele 2
まぁElite(299$)入れれば済む話ですね。みんなも買おう!
BIAS AMP2 Cele 3
ラインナップを覗いてみると、最新のREDBACKまで10種類のスピーカーで単発、2発、4発がそれぞれにあるゾ、と。
BIAS AMP2 Cele 4
Greenback25とかV30とか本物っぽい。まぁ実際本物なんですけども。
シミュレーターです、なんとか風です、って感じのデフォルメがなくて気持ちイイね。

あとはオレが好きなC90 Blackshadowとオープンバック、クローズドバック、ハーフオープンが選べれば完璧だな。
アプデに期待しないで期待しましょ。Positive Gridの志向的にそっちはあんまり興味なさそうだし。
それこそ自分でIRデータ探してきて読み込んでしまえばイイわけで。

まぁ理想のデータ探す時間があったら別の要素をイジって自分の耳で理想の音に合わせ込みにいくのが一番早いよね。
別に実機と違ってデータに愛着なんか持たないわけだから。
出てくる音が全てでしょ。

全体的に見ていくとTone Stackの部分の影響力がかなり強い気がしたね。
レクチ系イメージの管周りのセットアップを作っても、Tone Stackで"Match 30"を選ぶだけでマッチレス系っぽいグリグリ感出るし。
個人的には"American Sonic"ってやつがお気に入り。
Mark系っぽいのかな、効きが良くてあったかい感じ。好きです。

アプリ版もすごくよかったけど、やっぱり面白いですBIAS AMP。
ちゃんと入れて使ってみようかな、とも。
自分のレクチのシミュレートも当然ながら、MP-1とかElevenで出してるEcstasyパッチの再現とかもしてみたいし。
一通り終わったらPRS MT-15みたいな音を作って楽しもうと思います(笑)

あけましておめでとうございます。

rf new year 2016

2016年も応援よろしくお願いします!

8/12・REGEN用新しい足回りのテスト。

昨日のShoくんとのセッションにて。

11828643_10152962738285868_1762269637035552827_n.jpg

新しい足回りの後ろ半分を試して見ました。
DOD VibroThangは海外で異様に評価が高いのでずっと試してみたかったんだけど、実際面白い。
トレモロとフェイザーが1個の筐体に入ってて、共通のRateとそれぞれ独立のDepth、あとフェイザー側のRegenerateの4ノブ構成。
Rateが外部ペダルとかでコントロールできたら完璧ですね、コレ。
90年代後半のDODマルチとかに入ってたら、コレだけのために買ってもいいくらいかと。
ちょっと探してみよう。
いまメインのボードに入れてるLine6 Roto Machineよりも原音が化けないのも好み。
Roto Machineだと良くも悪くもオルガンぽくなりすぎちゃうのが気になってたので、
次回はコイツに入れ替えてみようかな、と。

Line6 FM4はほぼステップシーケンサーペダルとしてテスト。
サステインがなくなるとシーケンスもブツッと切れるのがイヤなので、
前段にDIGI DELAYを挟んでみたら、自然な減衰になってイイ感じ。
テンポ併せはエクスプレッションペダルに幅広めにアサインしといて
現場合わせすれば屈まなくて済みそう。
使わない時との音量差と効果レベルのバランス取りがちょっと難しいけど、
その辺りはセットアップをツメてどうにかしてみる方向で。

'76 DYNACOMPとRATの相性は最高。
いやぁ、実り多きセッションでした。
明日も楽しみ。

DOD Gonkulator Modulator.

例のヤバいの、出るみたいですね。



懐かしいなぁ。カラーリングのトーンはほぼそのままだね。
しかしオリジナルの筺体じゃなく、ヴィンテージリイシュー系のガワで出してくるとは。
GAINとDISTのコントロールが独立したおかげで使いやすくはなるのかな。
あのワケ分からないツマミの名称はやはり現代的ではないと判断されたっぽいね。
国内発売はいつだろう。
楽しみ楽しみ。
Profile

Ryo Fujimura

Author:Ryo Fujimura
Re'sというロックバンドの7弦ギタリスト&ボーカル。
大人になれないプログレッシブ楽器オタク。
ウイスキーと甘いものと辛いものとカワイイものが好きです。

Calendar
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
New arrived
Category
Comment
Trackback
Weather report 

-天気予報コム- -FC2-
Search
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。