スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に6つほど増えたらしい。

フジムラです。

えっと、確かに週刊のはずだったんですけど。
どんな切り口で書くか、考えてるうちにですね。
Re'sのリハーサルやらライブやら、REGENの為の想像やら、PubliCrimeのセッションやら色々あってですね。
そうこうしてたら2週間くらい過ぎてたっていうね。

で、今月末の新入荷()なんですが。
image1.jpg

ハイ。いっぱい増えてます。
そういえばDF-7はこないだも紹介してたみたいですね。
もう少し書いた記事に責任を持とうか()

右上から
MXR : Phase90(Script with LED)
EarthQuaker Devices : Rainbow Machine
BOSS : TE-2 Tera Echo
BOSS : HF-2 HiBand Flanger
下の段
Marshall : Guv'nor
Digitech : DF-7 Distortion Factory
Ibanez : TS MINI

うーん。
とりあえずサラっと弾いた感じで書いてみようか。

Phase 90はタッチレスポンスが良くて、フェイザーというよりもエンべロープフィルターっぽいニュアンスも出るナ、と。
Phase100みたいな分厚さも、CUSTOMSHOPのScript90みたいなクリアさもないけど、まぁ味があってイイ感じ。
ヘッドルームにちょい余裕がナイような気がする。入力で微妙に歪む感じがするんだ。
それも含めた圧縮とドライブ感がイイのかもな。
不都合が不具合にならない強さ。MXRらしいねぇ。

Rainbow Machineはもう見た目と名前でヤラれます。音はスゴいよ。ギターの音がゲイになる()
なんだろうね、虹って屈折で出来てるワケでさ。綺麗なだけじゃないんだよ。
使いこなしたら強い系のエフェクターですね、コレ。
人によっては高級ガラクタにしかならないだろうなって。
製作者もその辺判ってたらしくて、アイディアを1年間寝かせてたらしい。
そんでいざ出したら大ヒット。世の中ステキ。

Tera Echoはこれまた見た目と名前でヤラれますね。弾いていると科学の世界に行ける気がする。
数字の配列とか、基盤のパターンとかが美的に見える瞬間ってあると思うんだけど、そういう音がします。
個人的にはステレオインよりも、S.TIMEのコントロールインが欲しかったなぁ...
っていうくらいS.TIMEの効果が面白い。
GT-100にはTera Echo入ってるみたいだから、タップテンポやらペダルベンドやらはソッチでやれば?って感じなのかな。
とにかく弾いてて気持ちイイ。
雰囲気作りには最高で、その雰囲気のおかげかアイディアもガンガン湧く。
コレは売っちゃダメだよぅ。こんなの使ったらフツーの人でもスゴそうな音出せちゃうもん。

HiBand Flangerは知り合いのギターリペアマンさんからの頂きモノで。
倉庫整理してたらポロっと出てきたらしくて、見た目はメチャクチャだけど音は出るからオマエにやるよ、と。
24時間通電テストしてたら、どうもLEDの据えつけが悪かったのかLEDが点いたり消えたりする不具合発覚。
イジってたら根元からポキっとイったので、ちょちょっと新しいLEDに交換してみました。
いざ使うとコレがまたイイんだ。フランジャーのクセにあっさりしてて。
トレモロっぽく使ってもオシャレ。
LED換える時に中見たら、MN3001だかが入ってて、ちょっと嬉しくなりました。
このハイバンドにシフトしてエフェクトをかける感じって、CE-5の高域低域の独立EQコントロールの
アイディアの素なのかナとか勘ぐってみたりするのもオタクらしいあり方ですかね。
あまりにも気に入ったので、もっと状態良いヤツが欲しくなっちゃいました()

Guv'norは今更感あるけど、持ってなかったのでほいっと。
まぁ昔マーシャル嫌いだったしね。今は好きよ。
もしかしたらブギーより好きな瞬間もあるかも。900サイコー。
ガバナー、昔なりのシミュレーション的なデザインだったのかなと思うと可愛くてしょうがない。
ボリューム上げないとローがあんまり出ない辺り、マーシャルっぽいですね。
ハイのシャカシャカもまさしくマーシャル味。

DF-7は結構使える気がした。TS9とかRATとか、良く出来てますよ。
すっごくわざとらしいけどソレっぽい。
BOSSの2機種(DS-1とMT-2)も思いの外良い、というかオリジナルよりノイズ少ないし、EQの掛かりも濃くてイイ仕上がり。
ただDODの2機種(250とMETAL MASTER)のシミュレートがまるで使えないってどうなんだろう。
一応自社製品ですよね、コレら(笑)
どんな歪みがイイか、周りのリクエストを聞きながら決めていくような余所現場に持って行くと便利かも知れないなぁ。

TS MINIはスゴイ。もう808って感じ。あんまりゲインが高くないのも808っぽい。
今の音楽で使うならTS9くらいのゲインは欲しいんじゃないの?と思うけど、
この筐体で9の音は作らないよねぇ普通。
ゲイン0でも微妙にドライブするから、クリーンバッファーには向いてない。その辺も808。
僕にはぶっちゃけクリーンバッファー流行の風潮があまりワカラナイ。
10年以上前からメインにEMG AB積んでるのでね。今更感漂いまくり。
みんなおっそーいー。そしてAB知名度ひっくーい。
ともあれ、出来はスゴくイイですよTS MINI。
インスパイア系なんてイラナイよ。ホントキライ、あーゆうの。
思うままに駆逐するが良い。それが出来るクオリティだもの。頑張れ本家。
マイクロエフェクターとしては稀有な日本製ってのも個人的にはポイント高いです。頑張れIbanez。

以上。軽めに。アート()的表現、所により毒。
僕らしいよね。うん。
スポンサーサイト
Profile

Ryo Fujimura

Author:Ryo Fujimura
REGENというロックバンドのリードボーカルでギターでキーボーディスト。
Re'sのギタリストでもあります。
30過ぎても大人になれないプログレッシブ楽器オタク。
ウイスキーと甘いものが好きです。

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New arrived
Category
Comment
Trackback
Weather report 

-天気予報コム- -FC2-
Search
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。