スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくあるご質問。

「歌詞ってどんな事を考えながら書いてますか?」

・・先日このような質問をいただきました
正直「書き方」みたいなモノは特殊機密なので教えられないけれど
歌詞を書く時に気をつけている点をいくつか

1.安っぽくならないように
2.「深読みの楽しみ」が残るように
3.テーマを見失わないように
4.主人公が変わらないように
5.オーダーを織り込めるように

簡単に挙げるとこんなトコロだろうか

1.【安っぽくならないように】はいわゆるありがちな表現を避けるようにするコト
他の誰かが既にしている表現を使いまわしてもあまり意味がないと思うのでね
実際同じ星であまり変わらない世代で生きている人間なワケで
同じような事を言いたくなってしまう事はあると思うから
そういう場合は自分が納得できればその表現を使うし
どうしても納得できなければその表現は避けるし
とにかく「ありがちな表現」はしないように心がけてる
どっかで拾ってきたような単語をつなぎ合わせただけのオリジナリティの感じられない歌詞なんて
果たして書く意味があるのかな?
オレは存在意義を感じないけどね

2.【「深読みの楽しみ」が残るように】は含みを持たせた表現を狙って使うコト
奥行きのある表現というかな
オレは歌詞ごとに主人公を設定するコトが多いんだけど
その主人公がどんな性格でどんな場所でどんな生活をしてて・・とちょっとした設定を決めるのね
まぁ往々にして自分自身だったりもするワケだけど・・
で その設定を匂わせるような単語をちょこちょこと織り込んでいくのサ
あまりキャラが濃すぎると受け入れ難かったり 生々しすぎて恥ずかしかったりするんで(笑)
事実にフィクションを織り交ぜたり イイ具合に薄めたりして作り込んでいくワケ
バンドの場合はヴォーカリストのキャラクターも考えて歌詞を書く必要があるんでね
その歌い手が歌っても違和感がないような設定にしたりもするけど
ソコはだいたい調整程度で済むからね
まぁ幼稚園児が人生悟りきった爺さんみたいな歌を歌うようならシャレにならないだろうけどさ

3.【テーマを見失わないように】は本当に基本的なコトだけれど 多くの人が陥りやすいコト
趣味のレベルで書く文には書いている本人が気持ちよければイイのだけれど
外に向けての表現であるからして その歌詞に於けるテーマが解らないと
読み手・聴き手に伝わらなくなってしまうからね
逆にどれだけ特殊な表現をしようとフィクションを織り込もうと
テーマさえしっかり見えていれば 最終的に伝えきれると思うんだ

4.【主人公が変わらないように】・・コレも基本的なコトだと思うんだけど 出来てない人が多すぎるくらい多いね
チャートミュージックなんかでも時々見かけるけど・・見ると悲しくなるね 程度低いよナ―て
よくあるパターンで一人称がコロコロ変わるヤツとか
あと相手の呼称が変わったりするヤツとか
どういうジャッジで書いてるのか理解に苦しむけど その程度でも許されちゃうってコトかな

5.【オーダーを織り込めるように】・・コレは職業としてやる場合限定だけど その場合には何よりも大事なコト
タイアップのある歌詞なんかだとクライアントが入れて欲しいと言った単語や表現は織り込むようにする必要があるんだわ
でも歌詞としてのバランスを崩さないように かつメロディの流れを破壊しないように織り込むのは結構難しい・・
残念ながら自分が全くもって考えなかったり 好まないような表現を織り込まざるを得ない場合もあるけれど
ソコはそれ うまく纏めるのがプロとしての仕事なんでね

・・Understand?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Ryo Fujimura

Author:Ryo Fujimura
REGENというロックバンドのリードボーカルでギターでキーボーディスト。
Re'sのギタリストでもあります。
30過ぎても大人になれないプログレッシブ楽器オタク。
ウイスキーと甘いものが好きです。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New arrived
Category
Comment
Trackback
Weather report 

-天気予報コム- -FC2-
Search
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。